白髪のおしゃれ染め

白髪のおしゃれ染め

白髪,おしゃれ染め

 

茶髪の人が白髪が生えてくると、茶色に白が見え隠れしている場合があります。この白髪を隠したいと思う人がいるが、おしゃれ染めでカラーリングすれば生えている白髪も伸びてきた根元の黒い部分も両方が全て明るい色に染まると思う考えは良くあります。

 

しかしおしゃれ染めで白髪を染めるのは出来ないく、無理に染めても染まらずに白い毛のままで金色っぽい焼けた感じです。毛が痩せたような色合いの毛になってしまい、失敗します。白髪はメラニン色素の黒が抜けていて、色が付いていない毛の事です。

 

おしゃれ染めのプリーチ脱色作用は強いので、色のない白髪には意味がないです。染毛力が白髪染めに比較して弱いので、強く染める事は出来ないです。色は定着しないので白髪は染まらず、白は茶色にならないです。

 

白髪は白髪染めで染める事で、おしゃれ染めのカラーリング剤と白髪染めのは薬品や染まる仕組みが同じです。配合や調合や薬剤が、若干異なるだけです。白髪染めには仕上がりが明るい髪色になる商品もあり、様々なトーンやカラーバリエーションが存在しています。

 

このため白髪染めだけで頭髪全体を茶髪等の明るいブラウン系の髪色に染められます。美容院だけではなく、市販のものもあるので自宅で簡単に染められます。

白髪がキラキラする原因

白髪,おしゃれ染め

 

白髪を染めてしばらくするとカラーが色落ちをしていき、白髪がキラキラしてきます。白髪はメラニン色素がないので、隙間に空気が入り込む事で白く見えてきます。白く見える髪に光が当たる事で、キラキラと輝いて見えるのです。

 

これは空気が反射しているためで、同じ白髪であってもキラキラしにく人もいます。それは髪が傷んでいない人で、しかし髪が傷んでいる人は染めるたびに髪が弱くなっていきます。白髪染めを行う程メラニン色素が作られなくなり、ヘアカラーには過酸化水素水が使われていてこれがメラニン色素を壊してしまいます。

 

しかも自宅のシャンプーでは除去する事は難しく、美容室でなら分解処理を行って残留物を徹底的に除去してくれます。美容室のカラー剤は髪に刺激が少ないく、色持ちも市販品のものとは比べ物にならないです。

 

自分で染める場合は、カラーを入れる前にはシャンプーでトリートメントをしない事です。ノンシリコンシャンプーは、シリコンによって髪をコーティングしないためおしゃれ染めも白髪染めもしっかりと色を入れられます。

 

自分が気に入ったもので良く、白髪が少ない人はヘナが入ったものが良いです。ヘナは髪内部を埋める構造になっているので、染まりやすいです。

黒ツヤソフトサプリのご購入はこちら!トップページへ白髪対策をしたい方、髪にハリやツヤが欲しい方、艶やかな髪で若く見られたい方はトップページで黒ツヤソフトサプリの詳細をチェックしてみてください。