白髪が後ろに生える理由と対処法

白髪が後ろに生える理由と対処法

白髪,後ろ,理由,対処法

 

白髪が後ろに生える理由は、主に生殖器のトラブルが挙げられます。後ろだけではないが白髪全体に言える事は、食生活の乱れやストレスが影響します。白髪になる原因は解明されていないが、髪の毛を黒くする色素のメラニンがストレス等で不足する事が原因になっています。

 

後ろに白髪を発見した時は、抜くと切ると染めるの3つの中からは切るのが1番適切な方法になります。白髪を根元から切ってしまうと、頭皮にダメージが与えられないので白髪の量が少ない時にお勧めです。切っただけでは伸びてきてしまうので、毛先が目立つのでこまめにケアする事が大切です。

 

抜くと白髪が増えると言うが、医学的根拠はないです。抜くと頭皮にダメージが与えてしまうので、髪にツヤがなくなったりうねったりして生えてきてしまいます。抜き続けると、毛穴から髪が生えなくなる事もあります。

 

あまりお勧め出来ない方法になるので、抜かない方が良いです。染めると頭皮や元気な髪にダメージが大きいため、あまりお勧めではないです。白髪染めに入っている成分は、パラフェニレンジアミンやアミノフェノールやレゾルシンや過酸化水素等です。

 

それらは化学物質で農薬の約140倍の毒性であり、20t程度で致死量になるため肌には優しくないです。

襟足の白髪を染める方法

白髪,後ろ,理由,対処法

 

襟足の白髪を染めるには、ブロッキングのが良いです。髪を部分ごとに分けていく事をブロッキングと言い、汚れてもいいようなヘアピンやヘアクリップや髪を分けやすいタイプのコームを用意します。事前に髪をしっかりととかしておくと、後の作業が楽に出来ます。

 

白髪を染める時は染まりにくい部分から染めていくと、ムラなく染められます。最初は前髪の生え際と頭頂部とこめかみと襟足部分から染めていきます。襟足をムラなく塗るコツは、2センチ程度の小さい毛束に分けて根元から先端に向かって塗っていきます。

 

一気に大きな毛束を取ってしまうと、薬剤が細部に届きにくくなり塗り残しが出てしまいます。小さい束にすると、少しづつ位置を変えながら塗れるので塗り残しが防げます。髪の根元に近い部分は液垂れしやすいので、時間が経つと薬剤が落ちてしまいます。

 

全体を塗り終えた後に、もう一度液垂れしやすい前髪の生え際と頭頂部とこめかみと襟足部分に、残っている薬剤を塗っておくと安心です。ムラのない塗り方になるために、室内の温度も重要です。一般的な白髪染めをする時の温度は、20度から30度です。

 

これよりも室温が高いと薬剤の反応が早くなり、早く染まるようになります。室温が低いと、薬剤が浸透するのに時間がかかるので染まるのに時間がかかります。

黒ツヤソフトサプリのご購入はこちら!トップページへ白髪対策をしたい方、髪にハリやツヤが欲しい方、艶やかな髪で若く見られたい方はトップページで黒ツヤソフトサプリの詳細をチェックしてみてください。