白髪と薄毛の原因の関係性

白髪と薄毛の原因の関係性

白髪,薄毛,原因

 

白髪は髪を黒くする細胞のメラノサイトが減少して起こる現象で、薄毛はホルモンや頭皮の環境によって起こる現象です。どちらかの症状になっても、必ず2つの症状になるわけではないです。白髪の毛の髪は元々白髪で、メラノサイトの働きが弱まる事で毛が染まらなくなり白いまま成長し白髪になるのです。

 

薄毛は男性ホルモンと頭皮で分泌される酵素が反応してDHTという物質が生成されるのです。DHTが髪の元になる毛母細胞の成長を妨げてしまい薄毛になるのです。白髪になりやすい人と、薄毛になりやすい人にはそれぞれ特徴があります。

 

白髪になりやすい人は、遺伝的になりやすい人です。生活習慣病が原因でなりやすい人は、食事をバランス良く適量を摂る事が大切です。22時から2時はメラノサイトが修復される時間で、十分な睡眠を心掛けます。

 

女性の場合は妊娠したり出産すると、一時的にメラノサイトが送られる血液が減って白髪になりやすくなります。女性特有のライフイベントが原因になって、白髪になる場合もあります。薄毛になりやすい人も遺伝があるが、脂っこいものが多く野菜不足等で食生活が乱れている人です。

 

タンパク質やビタミン類を摂ると、髪の栄養になります。タバコと飲酒は血管の収縮やDHTの増加に繋がり、薄毛になってしまいます。

白髪が内側に出来た時の対処法

白髪,薄毛,原因

 

白髪が内側に出来た時の対処法は、白髪染めで染める事です。特に生え際の白髪は目立つので、染めると良いです。目立つ原因は顔やTゾーンのたるみが白髪を目立たせていて、場合によっては悪化させているのです。

 

頭の皮膚と顔の皮膚を繋ぐのが生え際と頭頂部になり、加齢とともに頭皮が下に引っ張られいく事で毛根に負担がかかります。このために、白髪が出やすくなるのです。白髪染めの染まり方は、タイプによって異なります。

 

ヘアカラーは市販品で最も多いもので、クリームや乳液等種類が色々あります。黒髪も白髪も1回脱色する事で、染料を浸み込ませています。ヘアマニキュアは脱色しないで、染料を髪の表面に定着させるものです。

 

シャンプーをするたびに染料が落ちてしまい、白髪に戻ってしまいます。ヘアトリートメントはシャンプーの後に行い、髪の表面に染料を定着させます。染まるまでに数日かかる場合もあり、ダメージは少ないが使用頻度が多いです。

 

部分染めは小さいコーム等で、気になる部分だけを染めていき髪全体のダメージが少ないです。全体を染めて根元が伸びた時に使うのが最適で、手軽に行えます。ヘアカラーは効果や期間が長いですが、そればかりには頼らず、色々なタイプのものを利用する事でダメージを少なくしましょう。

黒ツヤソフトサプリのご購入はこちら!トップページへ白髪対策をしたい方、髪にハリやツヤが欲しい方、艶やかな髪で若く見られたい方はトップページで黒ツヤソフトサプリの詳細をチェックしてみてください。