白髪がかゆい原因と対策

白髪がかゆい原因と対策

白髪,かゆい,原因,対策

 

このページでは、白髪がかゆい原因と対策について詳しく書いています。

 

白髪がかゆい原因と対策が知りたい方の参考にしていただければ幸いです。

白髪がかゆい原因

白髪,かゆい,原因,対策

 

白髪がかゆい原因は、実ははっきりしたことはまだ解明されていないと言われています。

 

頭にかゆみを感じるのは本当に白髪によるものなのか?という疑問もありますが、とりあえず今回は考えられる白髪がかゆみ原因について紹介してみます。

 

白髪が太いことによる頭皮の炎症

白髪生えている時に頭皮が痒い場合は、頭皮の炎症が原因である事が多いです。

 

白髪は、通常生えている黒い髪の毛よりも0.05mm程度太く、それでいて硬いと言われています。その理由には、白髪にはメラニン色素が含まれていないことが挙げられます。そのため、黒髪より太い白髪が生え、成長する時に毛穴(毛孔)が刺激され、、そして頭皮に存在する知覚神経も刺激されることにより痒みが発生しまうことがあります。

 

つまり、白髪が生える時の毛穴の炎症が原因で頭が痒くなってしまうのです。

 

ちなみにですが、頭が痒いからと言って炎症を起こしている毛穴全てに白髪が増えるわけではありません。

 

黒髪と白髪の形の違いにより起こる炎症

黒髪と白髪を比較すると、髪の毛のキューティクルにも違いがあります。黒髪は一本一本が丸く均等になっているのに対し、白髪は色素成分やタンパク質が抜けてスカスカの状態なので、一本一本がギザギザの形状になっていると言われています。

 

このように形に違いがあることから、頭皮に刺激が与えられて炎症を起こしてしまうことも考えられます。

 

特に洗髪時に頭皮を洗いすぎて皮脂が全部洗い流されてしまったときなどにかゆみを伴うことが多いようです。

 

頭髪の老廃物(死亡細胞)

毛髪を形成している毛母細胞は、毛髪を作る細胞と毛髪の色素を作る細胞に分かれています。白髪場合は、色素を作る細胞が死滅してしまっているため、その細胞が老廃物として外に排出されようとします。その排出時に刺激が発生し、かゆみに繋がっている可能性も考えられます。

白髪がかゆい場合の対策

白髪,かゆい,原因,対策

 

頭皮マッサージ

白髪の対策方法には頭皮マッサージがあります。

 

頭皮マッサージを行うと血流が良くなります。それにより、髪の毛の色素組織が正常に働くようになったり、抜け毛や薄毛を予防したりする事も出来ます。

 

ちなみに、一般向けに販売されている育毛レーザーマッサージ機でも、毛根を刺激して白髪を減らす効果が期待できます。

 

頭皮マッサージを行うタイミング

頭皮マッサージは、シャンプーの後に行うのがお勧めです。

 

育毛剤

育毛剤には頭皮の血行を良くする効果が期待できるので、毛根に栄養を与えることができ、白髪を減らすのにも役立つと言われています。ちなみに、老化によって白髪は治りにくくなると言われていますが、血行不良による白髪であれば、育毛剤で改善できる場合があります。

 

育毛剤は抜け毛や薄毛を改善する商品だと思っている人が多いですが、そもそも育毛剤の目的は頭皮を健康にして血行を促進し、毛根に栄養を届けることにあります。なので、育毛剤の効果により白髪を予防する事も出来ます。

 

洗髪方法を見直す

毎日のシャンプーが間違った方法で行われていると、シャンプー剤の残りかすが毛穴に詰まったり、シャンプーのし過ぎで皮脂の過剰な分泌を招いたりなどの頭皮のトラブルの原因になりやすくなります。

 

白髪がかゆい時のシャンプーのやり方
  1. 髪の毛を濡らす前にブラッシングで軽く汚れを落とす
  2. ぬるま湯で髪を濡らす
  3. シャンプーを手の上で泡立てる
  4. 指の腹で生え際から頭頂部へマッサージをしながら頭皮を洗う
  5. すすぎはしっかりと時間をかけて行う
  6. 乾燥はタオルでごしごしせずに軽く叩いて水分を取り除き、ドライヤーでしっかりと乾かす

 

この流れでシャンプーを行い、回数は1日1回行うだけにしましょう。

 

洗い流すお湯の温度にも注意が必要

シャンプーを洗い流す時には、過度に熱すぎるお湯は髪の毛に良くありません。熱いシャワーを浴びると爽快で気持ち良いと感じる人もいますが、それは髪の毛や頭皮にダメージを残す事に繋がります。なので、少しぬるいくらいのお湯で、洗うように気を付けるようにしましょう。

 

洗浄力が強いシャンプー剤は避ける

シャンプー剤は洗浄力が強い物は避けましょう。洗浄力が強いと必要な皮脂まで頭皮から洗い流されてしまうからです。皮脂が洗い流されると保湿する機能を失ってしまうため、頭皮の乾燥が酷くなってしまいます。

 

シャンプー剤はアミノ酸系のノンシリコンタイプを選択するのがおすすめです。

 

外出前のシャンプーはNG

朝シャンのような外に出る前にシャンプーをするのは避けた方が良いです。外出前にシャンプーを行い、頭皮の皮脂が洗い流されると、頭皮のバリア機能がなくなり紫外線等の影響を受けやすくなるからです。

 

白髪が痒いとき抜くのは良い?

白髪,かゆい,原因,対策

 

白髪は痒くても抜かない方が良いです。

 

白髪がかゆいからと言って、抜いたところで根本的な問題を解決する事はできません。髪の毛自体は5年周期で生え変わるため、現在の白髪を抜いても5年後にはまた白髪は生えてきます。

 

しかも、髪の毛を抜いてしまうと毛根にストレスを与えてしまいます。これでは最悪髪の毛が生えてこなくなる可能性もあり、他の髪の毛に悪影響を与えて白髪を増やす原因にもなってしまいます。

 

白髪は抜くより切るのがおすすめ

直ぐに白髪をなくしたい場合は、白髪は抜かずにカットするのがおすすめです。切断するだけであれば、毛根や頭皮にストレスを与える事なく白髪を目立たなく出来ます。

白髪がかゆいときはシャンプーで改善できる?

白髪,かゆい,原因,対策

 

白髪がかゆい時は、シャンプーを変えることで改善できる場合があります。ちなみにそれは、シャンプーがあなたの頭皮体質に合っていない場合です。

白髪を染めればかゆみが治まる?

白髪,かゆい,原因,対策

 

白髪を染めたらかゆくなくなったという話を聞くことがあります。実際のところ、その話には根拠がないのでなんともわかりませんが、気になる方は一度試してみても良いでしょう。

 

その際は、化学染料無配合のヘナのような白髪染めを使用するのがおすすめです。ヘナは頭皮から毛髪を改善してくれるため、頭皮が原因で発生するかゆみも改善してくれるかもしれません。

 

ヘナとは


ヘナとは、中近東やインドなどの熱帯地方に自生する「ミソハギ科シコウカ(指甲花)」と呼ばれる植物を粉末にしたものになります。

 

古くから儀式などで手足、爪、頭髪などに彩色するための染料として使用されてきました。

 

ヘナには、「ローソニア」と呼ばれる色素成分が配合されており、毛髪の主成分である「ケラチン」に絡み付く特性があると言われています。その働きにより、ヘナを使えば髪の毛をオレンジ系の色に染めることができます。

 

白髪染めでかゆみが治まる理由

白髪染めを使うことにより白髪のかゆみが治まる理由としては、毛に色が入ることで太さが黒髪と均一になるためかゆみが治まることが考えられます。

黒ツヤソフトサプリのご購入はこちら!トップページへ白髪対策をしたい方、髪にハリやツヤが欲しい方、艶やかな髪で若く見られたい方はトップページで黒ツヤソフトサプリの詳細をチェックしてみてください。